生命保険の見直しはやっておくべき

2015.7.3|生命保険の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

seimeihoken73

先日、保険の外交員をやっている友人にお願いして今自分で加入している生命保険の見直しをして貰いました。なぜ見直しを検討しているのかと言えば、現在加入している保険の毎月の掛け金が18000円位とちょっと高いかなと思うからです。保険の内訳は郵便局の終身保険が13000円で、もう一つが三井生命のがん保険5000円です。この三井生命は見直しをお願いした友人に勧められて加入したもので、当然ただで見て貰いました。

金額が高いのが郵便局の終身保険ですので、これを見直し出来ればかなり楽になるのですが見て貰った結果、見直す必要はないという事でした。保険の予定利率というものがあって私が加入した当時の保険は予定利率が良かったようなのです。保障と貯蓄を兼ね備えているので解約は勿体ないとの事でした。昔の保険は保障金額に対して掛ける金額が少なかったので、今同じ条件で加入し直すと金額も格段にあがってしまうようです。

私が郵便局の保険に加入したのが12年前で、保険料が値上がりになる前に窓口で勧められて加入したものです。丁度値上がり前という事でタイミング良く加入出来たと思ったのですが、月々の支払いは大変で、友人からもがん保険に加入したのでますます厳しくなりました。見直しは結局やることなく今後も継続しますが、ともかく相談して良かったです。良い保険でしたので少し切り詰めて保険の支払いに回したいと考えています。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL