生命保険の見直し

2015.7.3|生命保険の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

seimeihoken33

アベノミクスとマスコミが、騒いでる割りには、我々庶民の給与は中々、上がりませんね。来年からは消費税も上がり月々のやり繰りも一層、厳しさが増してくるかもしれません。そこで今、生命保険を見直しし、何かあった時に実際、どれ位の金額が必要なのかも含め自分に見合った保険内容にする事をお勧めします。次からは、私が実際、保険内容を見直した内容を書いていきたいと思います。
先ず、私は自分に何かあった為にかなりの金額の生命保険【死亡保証】を妻を受取人として入っていましたが、今回、年金受給時までに最低限必要な金額のみに変更しました。また、積み立て式と掛け捨て式を併用しましたので、月々に支払う金額を大幅に減らす事が出来ました。また、妻の生命保険【死亡保証】は解約しました。これは、もし妻が私より先に亡くなっても生活費という面においては、年金受給時期まで働いて稼ぐ事が出来るからです。
また、医療保険につきましても、社会保険の方でまかなう事が出来る事もある為、入院一日につき1万円から5千円に変更いたしました。
私は、知り合いに保険関係に詳しい知りあいが何人かいた為、自分に本当に必要な保険を再度見直しし、再設計を自分なりにする事ができましたが、身近にそういった方がいない場合は、最近、よく見かける保険のコンサルティングをしているところを数件 回り相談してみるのがいいかと思います。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL