生命保険を見直すタイミング

2015.7.3|生命保険の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

seimeihoken44

生命保険は加入者に万が一のことがあれば、遺族に対して生活の保障をすることができます。一家で主な収入を得ている人であれば、収入源を失うことになると、扶養されている家族は生活ができなくなります。生命保険に加入する際には、必要な保障額を見極めて金額設定をする必要があります。保障額が大きければその分保険料が割高で支払いが大変になります。保障額が小さければ万が一の時の遺族の生活が困難になってしまいます。生活が保障できる金額を適切に見極めます。そのためには、現状の生活をベースとして、何年間の保障が続く必要があるのか考えます。生命保険は一度加入をしたらそれでおしまいではなく、定期的に見直しをする必要があります。長い年月により家族構成に変化が生じたり、生活スタイルが変わったりするからです。生命保険を見直すタイミングは、数年ごとに見直していくのが良いですが、大きな変化を迎えた時に行う必要があります。大きな変化とは、家族の人数が増えたり減ったりした場合です。家族の人数に変化が出れば、必要な保障額もかわります。マイホームの取得時にも見直しをするタイミングです。住宅ローンを借りるときには、団体生命保険に加入することになるので、生命保険の変わりになります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL